• トップ
  • 医療機器の安全管理
  • 医療機器の安全管理
  • 再生医療
  • 採用情報

医療機器の安全管理

医療安全管理とは

医療現場での事故は人命に直結する為、医療関係者は「患者の安全を守る」為に体系的かつ広範な取組を推進することが求められています。
第五次医療法改正では医療安全の確保が明記され、体系的な医療の安全の確保が義務化されました。

医療機器に関する医療安全管理

医療法施行規則 第一章の二 医療の安全の確保 第一条の十一より抜粋

  1. 医療機器の安全使用のための責任者の配置
  2. 従業者に対する医療機器の安全使用のための研修の実施
  3. 医療機器の保守点検に関する計画の策定及び保守点検の適切な実施
  4. 医療機器の安全使用のために必要となる情報の収集その他の医療機器の安全使用を目的とした改善のための方策の実施

「医療安全の確保」の支援システム

弊社では医療機関が保有する医療機器の点検計画の作成や点検結果、修理履歴、貸出履歴管理、安全教育実施記録などの情報管理を行う『ME-Cubic』を開発しました。
『ME-Cubic』はクラウド型システムの一つであるASP(Application Service Provider)型医療機器情報管理システムです。インターネット経由で簡単かつ簡便に医療機器管理情報の管理が行えます。

ASP型システムとは

アプリケーションソフトをネットワーク(特にインターネット)を利用して、顧客にレンタルするサービスです。その為、サービスを利用するにあたりサーバーを購入する必要がありません。また、現在ご使用中のパソコンがシステム端末としてご利用頂け、初期投資額が非常に少なくすみます。
また、インターネット利用環境にあるパソコンは簡単にME-Cubicの使用端末となり、複数部門での共有使用は簡単に行えるメリットがあります。





〈投資家の皆様へ〉弊社は持株会社体制[シップHD/東証一部 証券コード:3360]へ移行しました。